寄付金募集のお知らせ

寄付金募集のご案内

本学園は創設者小野山利雄先生が戦後まもなく私塾を開設して以来、常に日本の未来を担う人材の育成を、その教育目的としてまいりました。おかげさまで、今日、進学実績やクラブ活動の成果によって、一定の評価をいただけるようになりました。

中高一貫教育50年、普通科高校70年を迎え、今後とも地域の方々のご支援の下、教職員一同、教育の原点に立ち返り、決意を新たに本校教育の目標の具現に努めたいと考えます。 そのためにも、教育環境の整備、施設の充実を図り、一層の飛躍へとつなげたいと思います。

つきましては、さらなる教育環境の充実のために、皆様方からの温かいご支援とご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

学校法人共栄学園
理事長 中井博之

目的

京都共栄学園中学校・高等学校の教育に関わる施設設備の拡充と充実

受付期間

常時…ただし、ご家族、関係者が入学予定または在籍期間中は、受付をしておりません。

お申し込み方法

ご寄付をお考えいただける場合は、まず別紙「寄付申込書」にご記入・ご捺印の上、事務局寄付金募集係まで郵送またはご持参ください。入金方法などにつきましては、その後改めてご連絡いたします。

「寄付申込書(個人用)」ダウンロード
「寄付申込書(法人用)」ダウンロード

 

お問い合せ窓口

学校法人共栄学園 事務局 寄付金募集係
〒620-0933 京都府福知山市字篠尾62番地の5

TEL:0773-22-6241 FAX:0773-22-0968
受付時間 土日祝日を除く9:00~17:00

税の優遇措置について

1:個人の場合

本学園に対するご寄付は、所得税の税制上の優遇措置を受けることができます。控除は「税額控除」と「所得控除」のいずれかを選択いただけます。

税額控除 = { (寄付金額※1-2000円)×40% }※2
※1 当該年の総所得金額等の40%が限度額となります。 ※2 所得税額の25%が限度額となります。

所得控除 = 当該年中に支出した寄付金の額※1-2000円
※1 当該年の総所得金額等の40%が限度となります。

優遇措置を受けるには、確定申告の際に本学発行の「寄付金領収書」の添付が必要となります。詳細は別紙「ご寄付による税制上の優遇措置について」をご確認ください。

2:法人の場合

企業等法人からのご寄付につきましては、寄付金額を当該事業年度の損金に算入できます。次の通り、寄付の手続きによって、損金算入の額が異なります。

  1. 「受配者指定寄付金」として寄付いただく場合
    寄付金の全額を損金に算入することができます。受配者指定寄付金制度は、日本私立学校振興・共済事業団が寄付金を受け入れ、寄付者が指定する私立学校に寄付金を配布する制度です。私立学校に寄付した場合に、寄付金支出額全額を損金算入できる唯一の制度です。
  2. 「特定公益増進法人に対する寄付金」として寄付いただく場合
    寄付金の一定の限度額まで損金に算入することができます。次の計算式に則って、一般寄付金と別枠で損金算入することができます。
特定公益増進法人に対する寄付金の損金算入限度額

(資本等の金額×0.375%+当該年度所得×6.25%)×1/2※1
※1「特定公益増進法人」への寄付の損金算入限度額を超える部分の金額は、「その他の法人等」への寄付として損金算入ができます。

「その他の法人等」への損金算入限度額

=(資本金等の額×0.25%+当該年度所得×2.5%)×1/4

ページ上部へ