募集要項

要項のpdfデータ、推薦書、京都府私立高等学校報告書【改訂版】は、本ページの下部にあります。ダウンロードへ

生徒募集要項

課程及びコース
募集人員

【全日制課程 普通科】

  • バタビアコース 30名
  • 進学コース 40名
  • 総合コース(スポーツ系・情報系・美術系・文理系)120名
入学検定料
15,000円
※ 払込期間は令和5年1月10日(火)9時~令和5年1月31日(火)とする。
※ 手数料は受験者負担とし、受験料の返金は行わない。
出願期間
  • インターネットでの登録期間 令和5年1月10日(火) 9時 ~ 1月31日(火)
  • 中学校からの書類提出期間  令和5年1月24日(火) 9時 ~ 1月31日(火) 17時
    ※ 所属中学校から本校への書類を提出する期間( 土・日は除く)
出願方法
出願はオンラインのみとする。
受験者の顔写真データとインターネットに接続可能なPC・スマートフォン・タブレット等を用意し、次の手順で出願すること。

① 出願専用サイトへの登録

  • 本校ホームページから出願専用サイトを開く。(令和5年1月10日(火)9時受付開始)
  • メールアドレス(連絡時に応じられるもの)および受験者情報を登録する。

② 顔写真登録

  • 登録したメールアドレスで出願専用サイトにログインし、受験者の顔写真データをアップロードする。

③ 入力内容確認

  • 在籍中学校の先生に、入力した内容に間違いがないかを確認してもらう。

④ 入学検定料支払

  • 入学検定料支払方法を選択し、入学検定料15,000円を支払う。

⑤ 提出書類について

  • 出願に必要な書類の作成を中学校に依頼する。
  • 提出書類は中学校から郵送か持参にて本校へ提出する。

⑥ 受験票の発行

  • 令和5年2月2日(木)13時以降に出願専用サイトにログインし、「受験票」をプリント アウトする。印刷する用紙は無地白色の普通紙でよく、カラーか白黒かは問わない。
入学試験日
令和5年2月10日(金)
合格発表
令和5年2月15日(水) 13時 出願専用サイトで合否確認
※ 校内掲示はありません。電話などによる問い合わせにはお答えできません。
※ 成績開示については、合格発表の翌日から10日以内(土・日・祝は除く)に受験者本人から開示請求 があった場合に後日個別で対応します。
入学手続き

手続き方法

入学納付金100,000円を期日内に本校へ納めてください。

手続期間

専願者・併願者 令和5年2月26日(日)
※当日来校できない場合は、連絡の上、令和5年2月27日(月)から3月3日(金)の間で来校いただければ対応可。郵送の場合は 2月25日(土)必着。
併願者のみ 令和5年3月17日(金)20日(月)22日(水)

受付場所

  • 【2月26日(日)】本校4号館2F 視聴覚室
  • 【3月17日(金)20日(月)22日(水)】本校1号館1F 入試事務室

一般入試

対象コース
全コース
出願資格
令和5年3月中学校を卒業見込みの者、または、中学校卒業の者
試験科目
国語、数学、英語、理科、社会 各50分
※ それぞれ100点満点とし、70点分は共通問題、残り30点分はコースごとに難易度の違う問題とする
出願書類
京都府私立高等学校報告書
備考
  1. 総合コース スポーツ系への出願は専願受験者に限ります。
  2. 総合コース スポーツ系への出願は事前に本校クラブ顧問との面談が必要です。
  3. 出願時、学校推薦入試の成績基準が第1志望より上のコースを第2志望、第3志望とすることはできません。

学校推薦入試

対象コース
全コース
出願資格
令和5年3月中学校を卒業見込みで、次の要件をすべて満たしている専願者
  1. 9月以降に進学相談を行い、審査を通過した者
  2. 下記、成績基準を満たす者(3年生1学期または2学期の成績)
成績基準
9教科の評定に1がなく、次の基準を満たすこと
  • バタビアコース 5教科(国語、数学、英語、理科、社会)の評定平均4.6以上
  • 進学コース 5教科(国語、数学、英語、理科、社会)の評定平均4.0以上
  • 総合コース 9教科の評定平均3.0以上
相談時の持参書類
3年生の通知票の写し
特典
入学金5万円を免除する
試験科目
作文(50分/600字程度)・面接(1対1)
作文出題例「高校生活と私」 
出願書類
京都府私立高等学校報告書、学校推薦書(中学校作成)
備考
総合コース スポーツ系への出願は事前に本校クラブ顧問との面談が必要です。

自己推薦入試

対象コース
全コース
出願資格
令和5年3月中学校を卒業見込みで、志望するコースに相応しい学力を有しており、次の要件のいずれかを満たしている専願者
  1. スポーツ文化活動で秀でた成果を上げ、9月以降に面談を行い、審査を通過した者
  2. 中学校在籍中に何らかの分野で秀でた実績をあげ、9月以降に進学相談を行い、審査を通過した者
【秀でた実績の例】
  • バタビアコース
    • 例1)指定の模擬試験で秀でた成績を収めた者
      五ツ木・京都模試 進研V模試 育伸社模試
      偏差値64以上 偏差値62以上 偏差値60以上

    • 例2)科学オリンピック、または、科学オリンピックと同等と認められるコンテスト等で秀でた成績を収めた者
    • 例3)将棋大会、囲碁大会、または、それらと同等と認められる別種目の大会で秀でた成績を収めた者
    • 例4)英検2級を所持している者
    • 例5)3年生1学期または2学期の評定で極めて優秀な成績を収めた者
    • 例6)スポーツ文化活動で秀でた成果を上げ、学業においても秀でた者
  • 進学コース
    • 例1) 指定の模擬試験で秀でた成績を収めた者
      五ツ木・京都模試 進研V模試 育伸社模試
      偏差値61以上 偏差値59以上 偏差値57以上

    • 例2) 生徒会長または大人数で構成される集団のリーダーとしての経験がある者
    • 例3) 将棋大会、囲碁大会、または、それらと同等と認められる別種目の大会で秀でた成績を収めた者
    • 例4) 英検準2級を所持している者
    • 例5) スポーツ文化活動で秀でた成果を上げ、学業においても秀でた者
  • 総合コース
    • 例1) 生徒会長または大人数で構成される集団のリーダーとしての経験がある者
    • 例2) 一定規模以上の美術コンクールで優秀な賞を受賞した者
    • 例3) ITパスポート、または、パソコン検定2級を所持している者
    • 例4) スポーツ文化活動で秀でた成果を上げ、学業においても秀でた者
相談時の持参書類
3年生の通知票の写し
特典
入学金5万円を免除する ※ 奨学生には本特典が適用されません
試験科目
作文(50分/600字程度)・面接(1対1)
作文出題例「高校生活と私」 
出願書類
京都府私立高等学校報告書
備考
総合コース スポーツ系への出願は事前に本校クラブ顧問との面談が必要です。

奨学生制度 学力奨学生

対象コース
バタビアコース、進学コース
奨学制度
学習活動において優秀な成果を上げ、他の学生の範となり得る者で、本学園の建学の精神に基づき、入学後も高い目標をもって自己の向上に努めうる者を、学力奨学生に認定し、学費の全額を上限として奨学金を支給します。
奨学生グレード
  • (奨学生A) 学費から就学支援金を差し引いた全額を支給
  • (奨学生B) 学費から就学支援金を差し引いた金額の約半額を支給
  • (奨学生C) 学費から就学支援金を差し引いた金額の約1/3 ~1/4を支給
認定基準
令和5年3月中学校を卒業見込みで、次の要件のいずれかを満たしている者
  1. 本校が指定する模擬試験の成績基準を満たし、9月以降に進学相談を行い、審査を通過した専願者
    (奨学生Aの基準となる偏差値)
      五ツ木・京都模試 進研V模試 育伸社模試
    バタビアコース 69 67 65
    進学コース 64 62 60
  2. 9教科の評定平均が5(3年生1学期または2学期の成績)で、9月以降に進学相談 を行い、審査を通過した専願者
  3. バタビアコースの一般入試で高得点を獲得した者※ 上位5番以内とし、専願・併願は問わない。
相談時の持参書類
3年生の7月以降に受験した模擬試験の成績の写し、または、 3年生の通知票の写し
受験
自己推薦入試を受験
(ただし、認定基準(1)において、審査時に認定された奨学生グレードよりも上位の奨学生グレードを希望する者は、所定の申請書を提出することによって一般入試の受験を認めます。なお、認定基準(3)については、申請書は不要です。)
備考
  1. 審査結果(認定・不認定、コースを記載)は、中学校・本人宛に通知します。
  2. 自己推薦入試で認定外のコース・系に出願した者、一般入試または学校推薦入試に出願した者は権利を放棄したものとみなし、認定は破棄されます。ただし、事前の申請があれば、一般入試での出願が可能です。
  3. 本校入学後、学力奨学生として相応しくない行いがあった場合、または、著しい学力不振が見られた場合は、資格の変更・取消しを行う場合があります。
  4. 入学後、すべての就学支援金制度に申請していただきます。
  5. 入学納付金(入学金と施設費の計10万円)は納めていただきます。

奨学生制度 スポーツ文化奨学生

対象コース
全コース
対象クラブ
サッカー部、硬式野球部(5名以内)、男子バスケットボール部、吹奏楽部、陸上競技部、女子バスケットボール部、柔道部、剣道部、テニス部、ソフトボール部
奨学制度
課外活動において優秀な成果を上げ、学業においても秀で、他の学生の範となり得る者で、本学園の建学の精神に基づき、入学後も高い目標をもって自己の向上に努めうる者を、スポーツ文化奨学生に認定し、学費の全額を上限として奨学金を支給します。
奨学生グレード
学力奨学生と同じ
認定基準
令和5年3月中学校を卒業見込みで、9月以降に面談を行い、審査を通過した専願者
相談時の持参書類
3年生の通知票の写し
受験
自己推薦入試を受験
(ただし、審査時に認定されたコースよりも、学校推薦入試の成績基準が上位のコースへの入学を希望する者は、所定の申請書を提出することによって一般入試の受験を認めます。)
備考
  1. 審査結果(認定・不認定、コース・系を記載)は、中学校・本人宛に通知します。
  2. 自己推薦入試で認定外のコース・系に出願した者、一般入試または学校推薦入試に出願した者は権利を放棄したものとみなし、認定は破棄されます。ただし、事前の申請があれば、一般入試での出願が可能です。
  3. 本校入学後、スポーツ文化奨学生として相応しくない行いがあった場合は、資格の変更・取消しを行う場合があります。
  4. 入学後、すべての就学支援金制度に申請していただきます。
  5. 入学納付金(入学金と施設費の計10万円)は納めていただきます。

奨学生制度 美術系奨学生

対象コース
総合コース 美術系
奨学制度
美術において優秀な成果を上げ、他の学生の範となり得る者で、学園の建学の精神に基づき、入学後も高い目標をもって自己の向上に努めうる者を、美術系奨学生に認定し、学費の全額を上限として奨学金を支給します。
奨学生グレード
学力奨学生と同じ
認定基準
令和5年3月中学校を卒業見込みで、本校のデッサンスクールに複数回参加し、9月以降に面談を行い、審査を通過した専願者
相談時の持参書類
3年生の通知票の写し
受験
自己推薦入試を受験
備考
  1. 審査結果(認定・不認定、コース・系を記載)は、中学校・本人宛に通知します。
  2. 自己推薦入試で総合コース美術系以外のコース・系に出願した者、一般入試または学校推薦入試に出願した者は権利を放棄したものとみなし、認定は破棄されます。
  3. 本校入学後、美術系奨学生として相応しくない行いがあった場合は、資格の変更・取消しを行う場合があります。
  4. 入学後、すべての就学支援金制度に申請していただきます。
  5. 入学納付金(入学金と施設費の計10万円)は納めていただきます。

奨学生制度 特別奨学生

対象コース
全コース
奨学制度
人物良好であって他の学生の範となり得る者で、中学校の活動においてリーダーとして顕著な業績を上げ、あるいは課外活動で顕著な業績を上げ、入学後も学園の建学の精神に基づき、その個性や特性を発揮し、入学後も高い目標をもって自己の向上に努めうる者を、特別奨学生に認定し、学費の全額を上限として奨学金を支給します。
奨学生グレード
学力奨学生と同じ
認定基準
令和5年3月中学校を卒業見込みで、志望するコースに相応しい学力を有しており、中学校在籍中に何らかの分野で優秀な実績をあげ、9月以降に進学相談を行い、審査を通過した専願者
【優秀な実績の例】
  • バタビアコース
    1. 指定の模擬試験でいずれかの教科の偏差値が73以上である者
    2. 科学オリンピック、または、科学オリンピックと同等と認められるコンテスト等で優秀な成績を収めた者
    3. 将棋大会、囲碁大会、または、それらと同等と認められる別種目の大会で優秀な成績を収めた者
    4. スポーツ文化活動で優秀な成果を上げ、学業においても秀でた者
  • 進学コース
    1. 将棋大会、囲碁大会、または、それらと同等と認められる別種目の大会で優秀な成績を収めた者
    2. スポーツ文化活動で優秀な成果を上げ、学業においても秀でた者
  • 総合コース
    1. 全国規模の美術コンクールで優秀な賞を受賞した者
    2. ITパスポート、または、パソコン検定1級を所持している者
    3. スポーツ文化活動で優秀な成果を上げ、学業においても秀でた者
相談時の持参書類
3年生の通知票の写し、実績を証明する資料など
受験
自己推薦入試を受験
備考
  1. 審査結果(認定・不認定、コース・系を記載)は、中学校・本人宛に通知します。
  2. 自己推薦入試で総合コース美術系以外のコース・系に出願した者、一般入試または学校推薦入試に出願した者は権利を放棄したものとみなし、認定は破棄されます。
  3. 本校入学後、特別奨学生として相応しくない行いがあった場合は、資格の変更・取消しを行う場合があります。
  4. 入学後、すべての就学支援金制度に申請していただきます。
  5. 入学納付金(入学金と施設費の計10万円)は納めていただきます。

ダウンロードは以下のボタンをクリックしてください。

ページ上部へ