中学-野球部の日記

クリスマスゴミ拾い

12月16日に『クリスマスゴミ拾い』に参加しました!

この取り組みは、「但馬掃除に学ぶ会」主催(代表 西村 徹 先生)で
全国で行われています。
昨年は総勢1000名もの参加者があり、この繋がりも
年々広がっています!
近隣では、舞鶴、篠山でも行われています。

今年の福知山会場は、中学野球部員とその保護者の皆さま、教員、
昨年もお世話になった西陵ふれあいサロンの方々、そして福知山市民の有志の方々…。
総勢30名の参加がありました。

今年はサンタに加え、トナカイも参加!

27C41C70-3658-4720-900A-8594E860197C
(※ 写真提供 両丹日日新聞社 足立様)

楽しみながら、ゴミ拾いをして
いつもお世話になっている福知山の街をキレイにしてきました!

この取り組みから一人でも、
ゴミを拾える勇気を持ち、実行できる人が増えていくといいですね。

そして、このような取り組みがもっともっと広がってほしいなぁと
つぶやく顧問でした…。

追記: 地元紙 両丹日日新聞にも掲載されました!
Web記事はこちらから!

いつもありがとうございます。

最近の野球部

11月は試合の月でした。

侍杯では福知山新人戦優勝校の南陵中学校との対戦。私学総体は京都学園中学校、同志社中学校と対戦する機会をいただきました。いずれの試合も他のクラブからの助っ人をお願いし参加することが出来ました。出場することが出来たこと、反省点がたくさん見つかったことが収穫だったと思います。

私学総体初戦は京都学園さんとの対戦でしたが…敗戦!好投手を打ち崩すことが出来ませんでした。
が、京都学園さんうちと同じく人数が足りず、公立の中学校との合同チームでの出場のためオープン参加とのこと。敗戦ながらも準決勝に上がります。
準決勝では同志社中学校さんとの対戦。京都大会でも勝ち上がる強豪校に全く歯が立ちませんでした。これまで何とか切れずにもっていた糸がプツンと切れた感じで、バタバタとエラーが続き大量失点でした。また試合に臨む心構えと言った基本的なところのできなかった、反省点の多い試合でした。3位表彰もいただきましたが、喜べない表彰式となりました。

侍杯は良い雰囲気で戦えたものの、やはり地力で上回る南陵中学校に敗退しました。

ここまでの試合を見ていると「打って勝つ!」という短期テーマに合って、これまでのチームなら打てなかった投手からの安打がよく見られました。一方で、点を取られてしまったあとに、「打って勝つ」という雰囲気を作ることが出来ませんでした。
出来た部分、出来なかった部分をしっかり見直しながら冬の練習に臨んでいきます。

冬のテーマは体力作りと最低限の守備力をつけること。

この前篠山に作りにいった陶器も焼き上がりました。
2018-11-22 11.50.50
2018-11-22 13.15.04
焼き上がったお皿でいっぱい食べていっぱい練習して、みんなで強くなりましょう!!

ご覧になりましたか?ラサンカ掲載!

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。
きっとブログを見てくださっている方ならチェックしてくださいましたよね?
そうです。この度、我らが野球部は地域の情報紙「ラサンカ」にて取り上げてもらいました。実に4年ぶりぐらいですかね。
10月の最初に取材を受けたのですがここまで内緒にしてきました。

いやいや……なかなか取材を受けるのも難しいものですね。
2018-10-04 16.30.16
2018-10-04 16.30.24
取材する様子を取材(笑)ダイアモンド側といつも練習する我らが「Kyoeiスタジアム」(お手製ネットとお手製マウンド)も取材してもらいました。

紙面に載らなかった分の写真もラサンカさんのホームページに掲載されています。是非ともご覧下さい。

明日は私学総体。明後日は侍杯。この2試合はバスケ部、テニス部からメンバーを借りての出場です。実は新チームの公式戦はこれが初めて…良い結果を出せるよう、頑張ってきます!

いざ、丹波焼の里篠山市今田町へ!

久しぶりの更新となりました。
と言いますのもわがクラブ、現在2年生のみ7名になっているのです。新人戦も残念ながら出られませんでした。
体育祭でバタバタしていたのもありますけどね…。

でもちゃんと元気に活動しています。野球はもちろん、野球に限らず色々なことに挑戦するのがこの野球部の基本方針。
今回はマイどんぶりの作成に篠山市まで。3名の保護者の方にも参加していただきました!

丹波焼で有名な篠山市今田町にあります「立杭 陶の郷」で陶芸教室に参加してきました。
体験ももちろんですが実際に丹波焼の陶器を見たり、購入も出来る結構大きな施設です。

まずは説明をしっかり聞いて……
説明
実践!
途中
あっという間に2時間が過ぎていきました。私も体験しましたが、土をこねるというのは自然と夢中になり、楽しい経験となりました。
子どもたちも「面白かった」「何かてんぱった…」「集中力がついた!」「二度とやりたくない(笑)」などそれぞれの感想もありましたが楽しんでもらえたようです。
焼き上がりは約二ヶ月後。完成が楽しみです!

この後11月には私学総体と侍杯があり、これには他のクラブから助っ人が来てくれて、出場できることになりました。感謝です!

今後の更新にご期待下さい!!

夏期総体結果

7月の14日、福知山市の夏の総体が開幕しました。共栄は14日に2試合の組み合わせ。

前日まで大雨の影響で延期になっていた定期考査を行い、はっきり言って十分な準備のできなかった今回の大会ですが、どのチームも限られた条件で臨んでいるのは同じ。
前日のミーティングではこのチームの目標だった「中丹出場」を果たすため、必ず2日目に残ろうと確認しました。
IMG_20180713_180048

迎えた当日…表情は硬いもののやる気は十分。
IMG_20180714_073434

IMG_20180714_073421

初戦は三和中学校、練習試合でも3年生の好投手に苦戦しました。
IMG_20180714_115138
初回、相手の守備の乱れから得点を奪い、それを守りきっての苦しい戦いでしたが、見事勝利を収めました!

同日の13:30、運命の大江戦が始まりました。大江中学校は練習試合でもよく打ち込まれた強打のチーム。
IMG_20180714_152049
結果、6回7点差でコールドゲームとなりました。
敗因を挙げればきりがなく、練習ができていれば…、別の日に2試合目だったら…とどうしようもないような後悔ばかりが残る敗戦でしたが、ふり返ってみると選手たちは厳しい条件の中でも力の限り戦い抜いてくれました。

中丹出場という目標は果たせなかったものの、実は夏の大会で勝利を収めたのは何年ぶりかはわかりません。自慢ではありませんがウチは夏に勝てませんでした…。そんな中でしっかりと勝利を収められるチームとなったは紛れもなく3年生の努力の結果だと思います。例年よりも初心者が多く、くせ者も多く(笑)、手のかかる学年でしたが、その分楽しく野球がやれました。本当にありがとう。

最後になりましたが、暑い中応援していただいた皆様に深く感謝いたします。実は新チームでは人数が足りません。また色々な人の力を借りながら、新たな目標に向けて頑張っていきます。今後も応援していただけるチームを目指し、チーム一丸となって頑張ります!これからの活躍にご期待ください!!ありがとうございました!!!
20180730_222011

田植えイベント

春季大会の大敗から早一ヶ月…。GWには合宿を実施し、夏に向けて爪を研ぐ共栄軍団。
も、ちょっと小休止で昨日、5月20日(日)に田植えイベントに参加してきました!
野球は?練習はしてないの? とよく聞かれますが、
共栄の野球部は野球をする前にいろんなことを学んでほしいということで
今回は、『田植え』をしてきました。
残念ながら、3年生はテスト前ということで、
また2年生も体調不良者や地域の祭りも重なり、
顧問2名と選手2名で参加してきました!!

この田植えイベントの目的は、
①『食』を知り、体験すること。
② 自然とふれあうこと
③ いろんな大人の方々とコミュニケートすること。

この田植えイベントの主催者は、関東から移住されてきた綾部市の草刈正年さん。
今現在は書道家として全国を転々としたり、
綾部市を盛り上げようといろんなイベントを企画したりされている方です。
参加者は、私たち以外に京都市内からのご家族3名・綾部市内から1名、合計9名で田植えを行いました。

何を隠そう私たち顧問は田植え未経験者でして、
ずっと前からやってみたかったので、このイベントに参加したという噂もチラホラ…。

いよいよ田植えの開始!
と、その前に苗を1房?あたりお茶碗1杯のお米がとれるって知ってました?
その一つ一つの苗の準備も大変なことだと知り、『食』の大変さを改めて知ることができました。
そして裸足で田んぼへ!
めっちゃ気持ちがいいではないですか。何か懐かしい感じがよかったです。
田植えイベント02

選手たちはというと、
田植えが終わると、別の田んぼで相撲までとり始めました。
もちろん、顔も服も泥泥(ドロドロ)…。
一方、顧問の一人はというと水生昆虫探し。
特にタガメ!をとるんだ!と探しまくるも見つからず残念…。

最後は、田んぼに声(肥え)かけをということで、
みんなで草刈さんのギターの演奏で5曲ほど唄いました。
大自然の中、大声で唄を歌い気持ちよかった~!
田植えイベント01

生徒たちも3つの目的をしっかりと達成し、楽しい時間を過ごせたと思います。

田植えイベント03

このようなイベントを企画していただいた草刈さんには本当に感謝でいっぱいです。
ありがとうございました。
次は稲刈りに行くことを約束し、
また、来年は海パンをもっていくことを忘れずにイベントを後にしました。