龍谷大平安さんの文化祭にお邪魔しました

現在、京都府内の鉄研で対外的にも活発な活動をしているのは、われらが共栄鉄研と龍谷大平安さんの鉄研です(2010年創設の共栄鉄研とは、歴史の積み重ね方が文字通りケタ違いなので、並べて書くのも畏れ多いのですが…)。

その龍谷大平安さんの文化祭が、9月9日(日)・10日(月)と開催されました。毎年ご招待をいただいていたのになかなか来訪できなかったのですが、

今年ついに文化祭訪問が実現しました!

天候不順のこともあり、鉄研全体での動きができませんでしたので、3名の会員有志による訪問(自主練みたいな)となりました。なにはともあれ、毎年8月の全国交流会の成果が結実したものといえます。龍谷大平安の鉄研の皆さん、ありがとうございました。

IMG_4976r

共栄高校の文化祭は9月20日(木)に開催されますが、平日開催ですし、他校生の入場をお断りしています。「共栄の文化祭もぜひ来てください!」と言えないのが残念です…。

ドッコイセ祭り学生大会

2018年8月24日

「ドッコイセ祭り学生大会」

0824b

鉄道研究同好会と合唱同好会のメンバーで、
福知山市で毎年夏に行われている、
「ドッコイセ祭り学生大会」の
福知山踊りコンテストに出場してきました!

0824c

JRの運休等で、当初予定していた参加人数
よりも大幅に減ってしまったのが残念でしたが、
楽しく参加させていただくことが出来ました♪
来年は、もっと沢山「福知山踊り」の練習をして、
入賞目指して頑張りたいと思います☆彡

0824a

全国鉄研合同写真展に出展しています

現在、阪急梅田駅で

「全国高校鉄道研究部合同写真展」開催中

です。全国の鉄研生が撮影した「鉄道写真」がズラリと展示されています。これまでも単独開催、あるいは数校合同での写真展はあったのですが、今回は初めての試みで全国の鉄研に出展の呼びかけがありました。これに、われらが共栄鉄研も乗っからせてもらったという次第です。以下に参加校を書き記しておきますが、共栄のまわりは名門校・有名校ばかり。ここに名前が混ざっているだけで光栄というものです。大阪へお立ち寄りの際は、ぜひ作品を見ていってください!
N7095無人化
DSC_8299s

◎期間
2018年7月20日(木)~8月16日(木)

◎場所
阪急電鉄梅田駅構内(茶屋町改札口側)

◎参加校
(兵庫県)灘高等学校、雲雀丘学園高等学校
(京都府)京都共栄学園高等学校、龍谷大学付属平安高等学校
(大阪府)高槻高等学校
(奈良県)東大寺学園高等学校、西大和学園高等学校
(埼玉県)自由の森学園高等学校
(千葉県)東海大学付属浦安高等学校
(神奈川県)磯子工業高等学校、神奈川総合産業高等学校、立花学園高等学校、平塚中等教育学校、藤沢工科高等学校、法政大学第二高等学校、向の岡工業高等学校、横浜清陵高等学校

第6世代の新入生を迎えました

入学式から1ヶ月ほどが過ぎましたが、この間、今年も新入会員が続々と来てくれました。ここで、現在の鉄研の姿をまとめておこうと思います。

◎名称
鉄道研究同好会(てつどうけんきゅうどうこうかい)
※現在「鉄道研究部」への昇格を、申請中です
略称: 鉄研(てっけん)
英称: Railway Club
会章:
ロゴ

◎主な活動内容
定例会…週1回集まって、最新鉄道ニュースの共有や鉄道知識の講習、また研修旅行等の活動についての打ち合わせを行う。
研修旅行…長期休暇を中心に設定される、日帰り~2泊程度の旅行。事前に調べておいたことについて、実地で検証する。
学校行事…特に文化祭では、Nゲージ展示・5インチゲージ走行・ジェットコースター運行・模擬店営業などを行う。
対外活動…夏休みの全国鉄道模型コンテストや全国鉄研交流会に出場するほか、関西の他校鉄研との交流も行っている。
部内戦…年1~2回実施。鉄道知識の豊富さを競う。最高得点者はエースを称する。なぜかこれだけ名前に「部」がつく。
総会…文化祭慰労会を兼ねて、毎年11月に開催。全会員が集結する。ここで次期会長の指名が行われる。
卒業旅行…卒業生が3月に実施。顧問は引率しないが、招待するのが習わし。
会誌…研究内容を発表するための新聞として「IRON ROAD(アイアン・ロード)」があるが、近年は発刊できていない。

◎モットー
磨穿鉄研(ませんてっけん)…鉄でできた硯(すずり)がすり減って穴があくほどに勉強することを意味する四字熟語「磨穿鉄硯」より。クラブ活動は勿論、学習活動も全力で取り組む。自称・共栄一の高学歴クラブ。

◎活動日・活動場所
毎週木曜日(繁忙期はほぼ毎日)に会議室や相談室などで活動
乗用模型や作成したNゲージレイアウトなど大型のものは、4号館裏倉庫の一角に置かせてもらっている

◎役職
顧問…創設以来、第1顧問は谷垣拓郎。過去、第2顧問を務めた先生は、関貴大、吉村幸祐(終身名誉顧問)、茅野良太の各先生。
名誉会長…会長が退いた者が卒業までのあいだ称する。実は地位は会長より高く、退位後も会の活動に強い影響力がある(院政)。
会長…会員を束ねる存在。任期1年(留任可)。現在、第5代会長を務めるのは足立里音。鉄研初の女性会長(全国的にも珍しい)。
副会長…会長を補佐する。顧問からの無茶ぶりに対処するには、会長1人では難しいこともあるので。退位後は、名誉副会長に。
エース(主将)…鉄道に関して素人の生徒が多い共栄鉄研にあって、最も鉄道に詳しい、真の実力者。現在は、吉田千尋。

◎会員数
約30人【文化系クラブ最大勢力】
3年生13人(男9人・女4人) 2年生7人(男5人・女2人) 1年生10人(男4人・女6人)
・入会届を出さないまま、いつの間にか鉄研に居ついてしまう生徒もいるため、「約」30人
・2018年3月当時の37人在籍が最高。

◎歴史
2010年5月…「鉄道研究同好会」創設。第1世代5人が入会。初代会長は、足立鷹祐。
2013年2月…第1世代が卒業。3月に初の卒業旅行実施。京大・神大等の難関大へ進学。ただし、3年間新入会員ゼロだったため存続の危機に。
2013年4月…第2世代が入会。初の女性会員も。この世代の会長は、赤染部大輝・吉積宙。鉄道に詳しくない会員を積極的に受け入れ始めた。初代エースとして、大槻拓未が就任。
2013年6月…初の新歓旅行実施。当時のKTR線を利用して、天橋立へ。
2015年4月…第3世代が入会。第4代会長は、瀧花涼太。第2世代との協力で、文化祭を中心に活動が充実。周りの生徒を巻き込んで、次々入会させる。
2016年4月…第4世代が入会。部内戦で、三浦康邦がエースに。
2016年11月…総会にて、新会長に津田榛斗が指名される。このとき名誉会長職が創設され、瀧花涼太が初代同職に就く。
2017年4月…第5世代が入会。
2017年6月…第3期部内戦で、吉田千尋が歴代最高得点をマークし、エースに。
2017年11月…総会にて、新会長に足立里音が指名される。津田榛斗は名誉会長に。
2018年3月…第3世代の卒業旅行実施。
2018年4月…第6世代が入会。女性入会者が男性を上回る。

◎研修旅行の行先一覧
第1回(2010年6月)…餘部鉄橋(兵庫)
第2回(2010年8月)…北陸本線方面(福井・石川)1泊
第3回(2011年1月)…山陽本線方面(岡山・広島)1泊
第4回(2011年4月)…和歌山方面(和歌山)
第5回(2011年8月)…仙台・石巻(宮城)2泊 ※震災直後の東北へ
第6回(2012年5月)…第1回鉄研甲子園(大阪)
第7回(2013年3月)…山陰本線方面(島根・山口)1泊 ※卒業旅行
第8回(2013年6月)…天橋立(京都) ※新歓
第9回(2013年8月)…浜名湖・富士山麓方面(愛知・静岡)2泊
第10回(2013年10月)…阪大・交通科学博物館(大阪)
第11回(2013年12月)…紀伊半島一周(三重・和歌山)1泊
第12回(2014年3月)…第3回鉄研甲子園(大阪)
第13回(2014年4月)…四国方面(香川・徳島)1泊
第14回(2014年8月)…北海道方面(北海道)3泊 ※最遠方
第15回(2015年3月)…北陸・長野方面(長野・富山・石川)2泊 ※北陸新幹線1番列車
第16回(2015年7月)…城崎温泉(兵庫) ※新歓
第17回(2015年7月)…第5回全国鉄研交流会(滋賀)2日間
第18回(2015年8月)…第7回鉄道模型コンテスト(東京)3泊
第19回(2015年10月)…381系撮影(京都・兵庫)
第20回(2016年3月)…北部九州方面(福岡・熊本・大分)2泊 ※卒業旅行
第21回(2016年6月)…京都鉄道博物館(京都) ※新歓
第22回(2016年8月)…第6回全国鉄研交流会(広島)2泊
第23回(2016年12月)…龍谷大平安創立140年記念事業(滋賀)
第24回(2016年12月)…高野山山籠もり(和歌山)2泊
第25回(2017年3月)…リニア&SL(山梨・静岡)2泊 ※リニア500km/h体験
第26回(2017年6月)…大阪城・あべのハルカス(大阪) ※新歓
第27回(2017年8月)…第9回鉄道模型コンテスト(東京)2泊
第28回(2017年12月)…三江線(広島・島根)1泊
第29回(2018年3月)…門司・博多(福岡)2泊 ※卒業旅行
第30回(2018年3月)…三江線ラストラン(広島・島根)2泊 ※三江線最終列車
第31回(2018年6月)…京阪電車方面(京都) ※新歓
第32回(2018年8月)…第10回鉄道模型コンテスト(東京)3泊
第33回(2018年8月)…第8回全国鉄研交流会(富山・長野)3泊 ※第32回と連続で最長6泊

◎今後の構想
・地域や他校との連携強化
・研究活動の本格化
・貸切列車の運行
・京都府に鉄研専門部を設置
・OB会の設立

(追記)5月段階で記述したものに、6~8月の情報を追記しました。

ポッポランド1号館休館(泣)

2018年3月末をもって、新町商店街の

「ポッポランド1号館」が休館となります(泣)

「スイーツのまち」だの「肉のまち」だの、近年いろいろな言われ方をしている福知山は、もともと「鉄道のまち」!ポッポランドでは、かつて福知山市近郊を走っていた「北丹鉄道」で使用されていた品々や、高架化される前の福知山駅を再現したNゲージジオラマなどが展示され、福知山が「鉄道のまち」として名をはせていた頃の威光を今に伝える大切な施設でした。使っている建物が戦前のものということで耐震性に問題があったようです。

今日3月20日は終業式。午後の時間を活用し、

休館前最後のポッポランド訪問

を行いました。今回の参加者は6名でした。
IMG_3461sスーパー「三ツ丸ストア」の前身「三ツ丸百貨店」の建物です。1933年竣工。福知山初のエレベーター付き3階建て鉄筋コンクリートビル。
IMG_3454s北丹鉄道のものをはじめ、貴重な品が収蔵・展示されています。北丹鉄道は1度ちゃんと研究したい対象ではあります。
IMG_3459sこの佇まい、な、懐かしい!

あくまで休館なので今後再開を目指すということですが、早くそれが実現するよう祈るばかりです。

(追記)3月31日の閉館前に、さらに自主的に訪れた会員もいたようです。後日、他校鉄研の顧問の先生からも惜しむ声が寄せられました。あらためて、貴重な施設だったのだなと感じました。

「鉄研ブログ」久しぶりの更新…

前回の投稿が2014年3月ですか…
4年もの月日が流れてしまいましたが…

鉄道研究同好会は健在

です!

これから、心機一転、定期的に記事をアップしていこうと思いますので、ご覧いただければ幸いです。

顧問・谷垣(拓)